BLOGブログ

2024.05.31すべて

腸内環境と発酵食品

こんばんは堺筋本町にある、女性のためのパーソナルジムexistの吉川です。

 

今晩はとても冷えていますね。

風邪を引かれている方もちらほらいらっしゃるので気をつけましょうね^^

 

 

今日は、腸内環境と免疫、発酵食品について。

 

まず、体調を崩しやすい方は

免疫力が低下していると考えられるのですが、

 

免疫に関係しているといえば小腸というのはご存知ですか?

 

そう腸内環境が悪いと体調を崩しやすいといえますよね。

 

そこで安直に腸活!!腸活といえば、ヨーグルト!!

などと走ってしまうのはNGです。^^

 

腸に良い菌を入れたいのは、分かりますが

いくらヨーグルトや味噌、納豆といった発酵食品をとっても、

普段の食事の質が悪ければ改善されないですよね・・?

 

ずは、血液を作るという意味でも口に入れる物の内容は選んでいかないといけません。

話はそこからです。何を摂らないかも大事ですよね。

 

また、乳酸菌やビフィズス菌は定着することが難しく排泄せれてしまうのがほとんどです。

 

他にもヨーグルトや牛乳といった乳製品には問題とされていることもあります。

例えば、カゼインが腸を荒らしたり、

一般的に売られている牛乳には、生産量を上げるために、遺伝子組み替え成長ホルモンを注射していることもあり

人のホルモンバランスがおかしくなり、乳がんや卵巣がん、前立腺がんの原因にのではないかという声もあります。

 

特にヨーグルトを健康のためと考えて、毎日摂取している方は改めてほしいです!

 

 

発酵食品でオススメするなら、添加物に配慮した味噌や有機大豆を使った醤油やぬか漬けなどです。

納豆は腸内環境が悪い状態で摂ると納豆菌が強すぎるので、

改善されてからの方が好ましいです。

 

 

普段の食事を変えてから、

作り方にこだわりを持った生産者さんによって作られた発酵食品を試してみてください^^

 

 

では、また!

CATEGORY
ARCHIVE

CONTACTお問い合わせ

見学・体験、相談などお気軽にご連絡ください。
また、現在無料カウンセリング実施中ですので、
この機会にぜひお問い合わせください。